Search this site
音楽は杖
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
1010のアップグレード
前回の投稿から随分間があきました。その間にsamizuacousticさんにお邪魔したりtackbonさん宅に2度お邪魔したりと、楽しいオーディオライフを過ごしております。特にひら飼い鶏の生みたて卵による目玉焼き+醤油「あぜみち」のハーモニーには静かに衝撃をうけておりました(それはグルメライフ)。
自室では変わらずDAC 1545Aとファインメット1010 I/Vで音楽を楽しんでいましたが、1010の新バージョンがアナウンスされ、まったく同じにはならないけれど旧バージョンもアップグレードできますよとのことで、早速お願いしました。

アップグレード品。何が施されたのか分かりませんが、きっと教えてもらっても分からないでしょう。

作業は分からなくても、音の変化は聴いてすぐわかりました。良くなる時はすべてが良くなる(by由井さん)、ですね。音の細部までがしっかりと聞こえて、でも耳に痛くはならず、弦の音はよりリアルで生々しくなりました。届いてすぐ聞いた時はできたてで馴染みが足りないようでしたが、通電しっぱなしにしておくとみるみる滑らかになり、空間表現も素晴らしいものになってきました。

音楽聴くのが楽しい!
posted by taki01 | 12:00 | オーディオ | comments(0) | - |
Yoshii9へのdac 2 TDA1545A
 しばらくの間TDA1543の空中配線25μ ver.を使って音楽を楽しんでいましたが、体調不良の際に音楽再生したところ「これでは癒されない」と感じましたので、さらなる改善をとTDA1545Aに取り組み始めました。
回路図は「新大陸への誘い」のtackbonさんが紹介されています。
http://tackbon.ldblog.jp/archives/52375452.html
DDC,光デジタル受は「電子機器を作る」のyasumasu2_99さんの基板を使用しています。
http://homepage2.nifty.com/naisudac/PCM56_CS8416/pcm56_cs8416htm.htm
I/V用のファインメットトランスTLT1010SSはsamizuacousticsさんで購入しました。
http://samizuacoustics.com/ファインメットワールド/
 
音が出なかったり砂嵐ノイズに悩まされたりと、なかなか試聴に辿り着けずにいましたが、先輩方からアドバイスを頂き、dacを5v駆動に、dacのvddとIref・トランスそれぞれを別電源に、GND配線は短く(7cm)することで、先日ようやくじっくりと聴くことができました。
このdac+I/V、ユニバーサル基板にモガミ2706&2444で普通に組み立てるだけで1543 25μ verを越えています。自作を始めて数年(まだたったの3・4年!)、鳴らした瞬間に度肝を抜かれてぼぅっとなった事が数回ありますが、今回も記憶に残る衝撃を受けました。
楽器の生々しさ、空間表現、音色の滑らかさ、音の締まり、すべてにおいて劇的にレベルアップしています。dacチップの性能、部品点数の少なさ、ファインメットトランス、これらが超ハイレベルな世界へ私を連れていってくれました。
ただ、電源は三端子を使用したなんのアレンジも無いものなので、これが電源品質の影響でこれが位相のズレというやつか・・・というのが音を聴いていれば分かるようになりました。位相のズレって音にどう出るの??と分からずにいましたが、これはもう、誰でも分かります。
つまりシステムの粗がむき出しになるので、興味のある方はそのあたりを心しておくか、電源への算段をたてておいて取り組んだほうが良いと思います。薄給の私には1010SSが清水買いでしたので、電源対策はまた別の機会に。ゆっくりやっていきたいと思います。ゆっくり。
 
・・・この改善スピード、ゆっくりか?

 
posted by taki01 | 12:00 | オーディオ | comments(4) | - |
空中配線電源 1

skyさんとミニ試聴会をして気力が湧いたので、ちょこちょこ工作しています。テーマは「買い足さずにできることをやる」です(笑)

電源基板〜ジッタークリーナー等への配線に鉛をかしめてみたりモガミ2706にしてみたりしたところ、ジリジリと鳴っていたTDA1543がまともに鳴るようになったので、電源も空中配線にしてみました。ちなみに線材はライカル線にがん玉を4つかしめるよりもモガミ2706のほうが良かったです。ライカル(Yoshii9のスピーカーケーブルです)ではキーンとした音がのってしまいます。
こちらは単3エネループ4本からとっています。これもライカルよりモガミのほうが良いです。ジッタークリーナー用。


こちらはTDA1543dac用。こちらはトランスからとって5V運転です。

うーん・・・ちょっと良いぐらいで、大差ないかもf(^^;


 

posted by taki01 | 12:00 | オーディオ | comments(0) | - |
Yoshii9へのdac 1
 tackbonさんの紹介されている「TDA1543チップの足に直接部品をハンダづけ」に挑戦してみました。シングル使い・左右独立使いとそれぞれに良いようですが、左右独立のほうがノイズ感が少なく、空間表現がより良い印象とのことでしたので、左右独立にしてみました。

5V駆動の場合
1kΩチップ抵抗 1608サイズ 3×2
33Ωチップ抵抗 1608サイズ 3×2
100kΩチップ抵抗 1608サイズ 2×2
22μF PCMCAP 1×2
0.1μF PCMCAP 1×2
TDA1543 1×2
線材 モガミ2706・モガミ2444


小さすぎて挫けるかも・・・と思って1/6Wのカーボン抵抗も買いましたが(^^;)、なんとか作業できました。ペーストを使って予備ハンダをすることでスムーズに作業できます。PCMCAPにコテをあてる時間は1秒くらいで、標準サイズのコテ先を使っています。
I2Sのモガミ2444線にはBP1.5を通しています。


目をしょぼしょぼさせながら出来上がったdacを繋いでみると。・・・これは凄い!
ノイズ感が減って細かな音の数が劇的に増え、飛躍的に音質upです。ちなみにbeforeのdacは、TDA1541A(S1)を使用したtackbonさんスペシャルdacです。このdacでも相当驚いたのに・・・。基板無し&振動対策、おそるべし・・・。

部品箱をごそごそしてみるとPCMCAP10μFが発見されたので、これとBP1.5を使ってπ型フィルターを作成し、dacに繋いでみました。・・・これは凄い!(2度目)
dac用の電源はこれといって何の変哲もないものを使用しているので、効果も劇的です。ノイズ感のさらなる低減・細かな音数・締まった低音と、すべてがレベルアップしています。ちなみに22μFのPCMCAPをタンタルに変えると、より重低音がしっかりとでるそうです。重低音以外をPCMCAPレベルまで持っていくにはより細い線を使って振動対策しないといけないようですが。

安くできるから自作を始めたのが、今ではすっかり作らなきゃ聴けない世界です。



posted by taki01 | 12:00 | オーディオ | comments(0) | - |
Yoshii9のアンプ 2
TDA7297の空中配線に再度チャレンジし、2ヶ月ほど聴いています。「Yoshii9のアンプ1」の写真からとにかく配線を短くし、フィルムコンはICの足に直接付けています。ジージー音が消えました。割箸の上にBP1.5を3つのせています。


音が良くなったのに喜んでいたのも束の間、なんだか聴き疲れがしてきます。
 トランスの設置に使っていた銅球を外す。
  →マシだけどまだまだ痛い。
 QA-550用の電源(YUASA NPH2-12)設置に使っていた銅球を外す。
  →マシだけどまだまだ痛い。
 QA-550(むきだし使用)を小石でサンドイッチする。
  →すっきりした音になり音質up。
 スピーカースパイク受けの下に使用していた銅円柱を外す。
  →マシだけどまだ痛い。音の広がりは改善。重低音の再現性はdown。
YA-1よりも細かい音が再現され余韻や反響も良いですが、どうも疲れる。銅を(IC以外)外したことで金属が擦れ合うような不快さは消えてきましたが、どうも粗い音な印象です。TV用に配線を直すと少しモヤつきますが粗さは弱まります。QA-550はコンデンサの足でうぞうぞしているのでこのあたりの癖が出ているのか、電源能なのか。今の時点で手を加えられそうなのは電源周り(QA-550用・アンプ用・AC)か。うーんうーん・・・。

YA-1使用下では銅設置は効果ありました。
 ‥展参爾3点で広がりと低音能up
 YA-1下に3点で正確性と余韻up
 スピーカースパイク下で正確性up
我が家の環境ではこんな感じです。´△狼紂↓は円柱です。銅には小石座布団が必須で、無いと船酔いみたいなフラフラ感があります。スパイク下に敷く場合銅が薄いとキンつきます。四角と円柱を叩き比べた時、指の第2関節でこつこつすると差はありませんでしたが、爪を立てるように指先で叩くと円柱の方が響きませんでしたのでこちらを採用していました。
posted by taki01 | 12:00 | オーディオ | comments(0) | - |